メール
twitter

現在地

ホーム » 観る

鳥~水と戯れ、山野に遊ぶ鳥たち

ツグミ

 

夏季にシベリア北部で繁殖し、冬季になると中国北部へ南下し越冬する。

日本では冬季に越冬のため少数が飛来する。

冬に渡来し庭先にも現れる。全長24センチ。

オシドリ

 

冬に余呉湖に渡ってくる鳥。銀杏羽と呼ばれる雄の飾り羽が美しいカモで、高時川に多く見られる。

旧余呉町の鳥。全長45センチ。

 カワセミ

 

巧みに魚を獲る姿がバードウォッチャーに人気。

カワセミは本来は青くなく、光の加減で青く見える。

この美しい外見から「渓流の宝石」などと呼ばれる。全長17センチ。

アカショウビン

 

夏鳥として渡来。菅山寺で見られる。

過去に小原の人家に巣をかけ、繁殖した例も。全長27センチ

カワウ

水辺近くにコロニーを形成し、余呉湖畔にも多く棲む。全長81センチ。