メール
twitter

現在地

ホーム » 観る

余呉の美しい景観

余 呉 湖              

賤ケ岳(標高421m)を一つ隔てた琵琶湖の北にあります。

面積約1.8平方キロメートル・周囲約6.4㎞、水深13m、三方を山で囲まれた湖です。

余呉湖を囲む山の姿を四季折々に映し出す湖面は、別名「鏡湖」とも呼ばれ、天女の羽衣や、龍神・菊石姫の伝説が残る神秘の湖です。

春は桜と菜の花、初夏は紫陽花、秋はコスモス、冬はワカザギ釣りで賑わいます。

 

高時川上流の渓谷

福井県と県境の栃ノ木峠を水源に琵琶湖へ注ぐ全長40㎞余りの清流。

高時川がつくりだす渓谷は、ブナ・ミズナラなどに囲まれ、新緑や紅葉が美しく、多くの動植物が生息しています。

 

ブナの原生林

海抜700m以上にはブナ・ミズナラの原生林が広く残っています。

しかし、菅並の裏山や菅山寺など、海抜の低いところにも貴重なブナ林が残存しています。